小学校受験は私立の新設で入り易くなる

公立の小学校の設立は人口などを考慮して行なわれるでしょう。子どもの数が増加してきたり、他の小学校に通うのが難しくなった時などに新設がされます。人口が増えていたときは全国でも新設されることがありましたが、最近は人口減少傾向があるのでなかなか新設されなくなっています。一方で私立に関しては必ずしも人口の影響などは考えられません。多少は世間の要求に答えることもあります。小学校受験に関しては私立小学校が新設されることで入りやすくなるとされていました。いきなり小学校を新設するのは難しいようですが、私立大学などが系列として新設するケースが増えています。小学校から優秀な生徒を教育し、その人たちを大学に進学させようとの考えがあるようです。有名私立大学の系列学校が多く設立されました。でも志願者が増えているので容易ではありません。

私立小学校受験で一定の理念の教育を受ける

市区町村の小学校はそれぞれの市区町村の教育委員会に所属します。先生は市区町村に雇用される地方公務員です。教育方針は文部科学省からある程度指示をされ、それを教育委員会などで学校や教員に対して示していきます。教員はそれぞれの学校の先生ですが、異動などもあるのでその学校ばかりに集中することはできません。それぞれ配属された学校で決まった教育をしようとします。私立小学校の場合はそれぞれの学校が設立をし、教員もそれぞれの学校が採用します。教育方針、教育理念もそれぞれの学校で持つことになります。親としては気にいった教育理念の学校に子どもを入学させることができます。小学校受験の良いところは、先生がその学校の理念を共有していることです。上からの指示で異動するようなことはありませんから、先生は共通の教えをしてくれます。

小学校受験では国立の運営目的を知っておく

国立の学校といえば大学が良く知られます。小学校から高校まではそれ程なく、各都道府県にいくつあるかどうかぐらいでしょう。国立の大学に関しては日本においてはもっとも高度なことが学べるところとして知られています。私立とは異なり全国どの大学もほぼ同じ授業料です。文系や理系、医学部でも大きく費用が異なるわけではありません。では国立の小学校はどういう運営目的がるかです。小学校受験では国立小学校の意味合いを知っておくようにします。公立、私立と異なる学校として知られていますが、必ずしも私立のように系列校への進学を担保された学校ではありません。目的としては教育学部などの教師を育成したり、研究をするための場所になります。能力のある教師による授業は期待できますが、必ずしも進学をするのに役立つわけではありません。生徒間の競争意欲は高いです。

非公開が多いため、小学校受験の入試問題は間違った情報が広まることもあります。 伸芽会の幼児教室では自分で考え、体験して理解する小学校受験に不可欠な教育が学べます。 毎年、多くの子どもたちが伸芽会から名門小学校へ入学しています。 受験内容を公開しない小学校が多いなか、合格実績に基づいてカリキュラムを開発しています。 小学校受験のサポートをおこなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です