小学校受験解説サイト

小学校受験を考えている方は参考にしてください

小学校受験で行われる面接

小学校受験においては、受験する子供の試験は当然ですが、面接があります。その面接も子供だけの面接もありますが、保護者と子供の面接、保護者だけの面接とあります。多くの学校では保護者の面接を行います。子供のレベルを判断するよりも、親、家庭のレベル、家庭でのしつけ、教育など、細かな部分まで聞かれることがあります。面接内容としては、志望動機、学校に対する要望、子供に対する教育方針、家庭での過ごし方、子供との接し方などが面接で聞かれます。小学校受験は子供だけが行う受験ではありません。親、家庭が一緒になって取り組む必要があります。家庭での教育方針については、父母がしっかり話しあっていく必要があります。また、その学校が宗教系の学校であれば、宗教に対する考え方を聞かれるケースもあります。小学校受験の塾に相談してみるといいでしょう。宗教に対して否定的、ネガティブな話はNGです。

いい小学校に行くためには小学校受験があります。

いい大学に入らないと大きな会社に入れないのはよく知られています。ではいい大学に行くためにはどうしたらいいのかと言うことが問題になります。それはいい小学校に入って勉強が好きな子に育てることが大事になります。普通の小学校ではなかなか勉強の好きな子には育ちません。周りの仲間に勉強嫌いな子が多くてその影響を強く受けるからです。しかしいい小学校では勉強が好きな子が多いです。したがって周りの子供が勉強好きだからその影響を受けて自然と勉強をする子になりいい大学に入ることができる場合が多いようです。このことを考える親が多いためいい小学校受験はかなり競争が厳しいです。子供にそのような競争をさせるのは気の毒と感じる部分もありますが、その子供の将来のためだと思ってその受験を乗り越えさせること必要だと思われます。大学受験は幼稚園から始まっていると思うべきです。

小学校受験で大切なこと

そろそろ、小学校の受験シーズンになりましたね。我が子の通う私立幼稚園では、5歳児に当たる年中さんの秋から勉強会が始まり、受験モードに切り替わります。約1年間、戦闘態勢に入るというわけですね。小学校受験で大切なのは、勉強内容ももちろんですが、親子で意思の疎通をしておくということです。ご両親だけ、もしくは受験されるお子様だけが受験校への入学を希望しているのでは当然ながらその考えが言動の端々に現れるでしょうから、事前に学校見学会や公開授業などを通して、学校の良さ、通いたいその理由を明確にしておきましょう。後は、受験日当日をベストな体調で迎えられるよう、健康管理には気を遣うと良いですね。それでなくとも、いつもと違う場所、雰囲気に子どもは敏感です。決して無理はさせずに早寝早起きと言った基本を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*