小学校受験の際に気をつけなければいけないこと

自分の子どもに小学校受験をさせたいと考えている方がいるはずです。早い時期から受験で周りの子たちと競争させる事は決して悪いことではないですが、気をつけなければいけないことがあるので知っておく必要があります。何を気をつけるかというと、プレッシャーを与えすぎないことです。親は無意識のうちに受験に受かるために様々なプレッシャーを与えています。それが子どものストレスになり、勉強にも集中できないという悪循環になってしまいます。親は子どものサポートしてあげる役目であることを忘れてはいけません。また、無理やり勉強をさせるのも厳禁です。まだ小学校にも入っていないのにそこまでさせるのは酷です。無理やりやらされたことがトラウマになって、ずっと勉強が嫌いになる可能性もあります。高校や大学受験の大事なときに勉強しない子になってしまうので、楽しみながら勉強をさせるようにしましょう。

小学校受験の内容とレベル

小学校受験を行う学校は、私立大学の附属小学校であったりするため、小学校に入学するとそのまま大学までエスカレーター式で進学できたりします。そのため、親は小さな時に受験をしてしまおうと考えたりします。中学、高校の受験とは異なり小学校受験は学力を見るケースもありますが、ペーパー式の試験以外の部分で合否を判断するケースがあります。その1つが個別の面接です。挨拶はもちろんですが、質問に対して受け答えができるかが判断の基準になります。また、他の受験生とのグループ遊びを観察したり、基本的な運動能力があるか、手先の器用さを物を作って判断したりします。もちろん、筆記試験の内容も合否の判定に影響しますが、小さい子供ですと、運動、行動観察、仲間との協調性、リーダーシップなど数値で判断できない部分も判断材料として大きく影響します。

小学校受験までの準備

小学校受験は、中学、高校のようにペーパー試験で学力を判断することは少なく、ペーパー試験以外の部分も合否の判断に大きく影響します。受験の準備としてペーパー試験とそれ以外の部分に分けられます。ペーパー試験対策としては、簡単な算数もありますが、図形を使った試験があります。また、季節の花、生活の中のマナーを問う問題であったり、動物、植物を尋ねる問題があります。それ以外の部分としては、日々の生活のマナーであったり、挨拶ができるか、仲間との協調性、グループ行動ができるかということが試験として行われます。試験の準備としては、家族では家にこもるのではなく、屋外に出て、自然に触れ、花、虫、動物を見て、感じることが大切です。習い事ではグループで行なうようなことをするのもいいでしょう。また、常にパズル、図形に慣れ親しんでおくことがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です