小学校受験は私立や国立などへの入学

義務教育は小学校から始まって中学卒業まで続きます。日本に住んでいれば無料で学校での授業が受けられるようになります。住んでいる地域によって行く小学校などが決められているのでそちらに行きますが、通常は市区町村などの教育委員会に所属する学校に行きます。ある程度決められた枠の中で教育を受けます。勉強をがんばりたい人にとっては少し物足りない場合もあるでしょう。より勉強をしたい場合には小学校受験で私立の小学校であったり国立の小学校に行くことで通常とは違った勉強ができる場合があります。国立においては、多くは国立大学に付属して設立されているので、より高等な勉強ができる場合があります。私立に関してはより独自の教育を行なっているので、こちらも通常の小学校では学べないような勉強ができる場合があります。子どもの力をアップさせられます。

国立の小学校受験では抽選がある

学校に進学するに当たって受験をすることがあります。高校受験は多くの人が経験しますし、大学受験も同様です。基本的には学力考査があり、試験に出された問題を解答してその点数によって合否が決まるようになっています。その人自身の実力にって合否が決まりますからわかりやすいといえるかもしれません。もちろんたまたま知っている問題が出たなどちょっとした運が左右することもあります。国立の小学校受験をすることができます。公立とは別の趣旨で設立されていて、全国でも数は限られています。そのためになかなか入学することができません。一応学力考査や面接などその人自身に影響する部分もありますが、それとは関係のないところで合否が決められることがあります。それは抽選が存在することです。あまりにも受験生が多い時には抽せんで絞り込まれことがあり、運で左右されます。

小学校受験の増加を促したゆとり教育

今から20年から30年ぐらい前には第二次ベビーブームの子供達が受験をしていました。その厳しさから受験戦争といわれることもありました。現在のように大学全入時代ではなく、容易に大学進学ができない時代でした。それ以降受験に対する厳しさが増し、受験のための勉強が重視されるのを懸念されてもっとゆとりを持った勉強が必要とされました。そこで始まったのがゆとり教育です。小学校受験の増加を促したのがゆとり教育とされています。授業時間が減り、教科でも学ぶ範囲が削減されました。そうなると公立の学校ではどうしても学べる量が減ります。それに不安を感じた親が独自の教育を行なう私立の学校などに進めようと考え始めました。私立などはゆとり教育に関係なくそれまでどおりの授業時間などで教育を行ないますから、安心して子どもを進学させられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です